Explore Funny Names, Poisons and more!

Biochemists feed 'poison pill' to deadly virus with a funny name - https://scienmag.com/biochemists-feed-poison-pill-to-deadly-virus-with-a-funny-name/

Biochemists feed ‘poison pill’ to deadly virus with a funny name

A newly discovered 30,000-year-old giant virus reveals the diversity of this ancient and unusual group of viruses.

Frozen Giant Virus Still Infectious After 30,000 Years

A newly discovered giant virus reveals the diversity of this ancient and unusual group of viruses.

がん幹細胞は血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成する - 岡山大発表 | マイナビニュース

がん幹細胞は血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成する - 岡山大発表 | マイナビニュース

Interfakultäres Institut für Mikrobiologie und Infektionsmedizin - Infektionsbiologie  研究チームの発表によると、この抗生物質として有望な化合物は、鼻の中に生息する細菌によって生成され、病気を引き起こすスーパーバグ(抗生物質が効かない細菌)を殺傷する能力を持つという。

Interfakultäres Institut für Mikrobiologie und Infektionsmedizin - Infektionsbiologie 研究チームの発表によると、この抗生物質として有望な化合物は、鼻の中に生息する細菌によって生成され、病気を引き起こすスーパーバグ(抗生物質が効かない細菌)を殺傷する能力を持つという。

エナメル質は、歯の最外層にある人体で最も固い組織。骨や軟骨といった硬組織とは異なり、皮膚の上皮細胞や毛、爪と同じく「歯原性間葉細胞」と呼ばれる上皮細胞によって形成されているのが特徴。   実験では、歯原性間葉細胞に発現するタンパク質の一種「エピプロフィン」が全身に発現するよう、実験用マウスの遺伝子を操作した。すると通常のマウスではみられない場所にエナメル質が形成されたほか、歯のかみ合わせや形にも異常が認められた。研究チームによれば、エピプロフィンは歯の発生過程で細胞増殖因子「FGF9」「SHH」の発現を誘引し、歯原性間葉細胞の増殖を促進させていることが明らかになったという。

エナメル質は、歯の最外層にある人体で最も固い組織。骨や軟骨といった硬組織とは異なり、皮膚の上皮細胞や毛、爪と同じく「歯原性間葉細胞」と呼ばれる上皮細胞によって形成されているのが特徴。 実験では、歯原性間葉細胞に発現するタンパク質の一種「エピプロフィン」が全身に発現するよう、実験用マウスの遺伝子を操作した。すると通常のマウスではみられない場所にエナメル質が形成されたほか、歯のかみ合わせや形にも異常が認められた。研究チームによれば、エピプロフィンは歯の発生過程で細胞増殖因子「FGF9」「SHH」の発現を誘引し、歯原性間葉細胞の増殖を促進させていることが明らかになったという。

Clinical trials of stem cell-based "functional cure" for type 1 diabetes underway

Clinical trials of stem cell-based "functional cure" for type 1 diabetes underway

Journal News: JBC: TREM2 defects linked to neurodegeneration

Journal News: JBC: defects linked to neurodegeneration

Biologists slow aging extend lifespan of fruit flies. They believe the technique could eventually lead to a way to delay the onset of Parkinsons disease Alzheimers disease cancer stroke cardiovascular disease and other age-related diseases in humans.

Biologists slow aging extend lifespan of fruit flies. They believe the technique could eventually lead to a way to delay the onset of Parkinsons disease Alzheimers disease cancer stroke cardiovascular disease and other age-related diseases in humans.

肝細胞がんに対する動脈塞栓術

肝細胞がんに対する動脈塞栓術

New fabrication technique leads to broader sunlight absorption in plastic solar cells

Researchers from North Carolina State University have developed a new strategy for fabricating more efficient plastic solar cells. The work has implications for developing solar cells with a wider absorption range and increased efficiency.

Pinterest
Search