Explore Sword Firearms, Firearms Knife and more!

Muromachi era, Mino school, Hira Zukuri wakizashi.

Muromachi era, Mino school, Hira Zukuri wakizashi.

Moroha-zukuri yoroi doshi tanto.

Moroha-zukuri yoroi doshi tanto.

日本号:天下三名槍と呼ばれた槍の1つ。 全長十尺六分余(321.5cm) 穂(刃長)二尺六寸一分五厘(79.2cm) 作者不明 <来歴> •正親町帝から足利義昭が拝領し、織田信長、豊臣秀吉の所有物となった。 •豊臣秀吉の頃に日本号という号がつけられたという。 •福島正則に与えられた。 •のち、黒田官兵衛の武将母里太兵衛友信へと伝わる。(呑取りの槍) •後藤基次に贈られた。 •大正時代に借金のかたに取られ、玄洋社の総帥頭山満とうやま みつるが所持することになり、その後侠客で玄洋社員の大野仁平が欲しがったためタダでくれてやったという。 •結局は旧福岡藩士出身の安川敬一郎男爵が「日本号は福岡の地を離れるべきではない」と一万円で買いとり、旧藩主の黒田家に贈った。 •その後、黒田家より福岡市に寄贈され、現在は福岡市博物館の所蔵品として展示されている。

日本号:天下三名槍と呼ばれた槍の1つ。 全長十尺六分余(321.5cm) 穂(刃長)二尺六寸一分五厘(79.2cm) 作者不明 <来歴> •正親町帝から足利義昭が拝領し、織田信長、豊臣秀吉の所有物となった。 •豊臣秀吉の頃に日本号という号がつけられたという。 •福島正則に与えられた。 •のち、黒田官兵衛の武将母里太兵衛友信へと伝わる。(呑取りの槍) •後藤基次に贈られた。 •大正時代に借金のかたに取られ、玄洋社の総帥頭山満とうやま みつるが所持することになり、その後侠客で玄洋社員の大野仁平が欲しがったためタダでくれてやったという。 •結局は旧福岡藩士出身の安川敬一郎男爵が「日本号は福岡の地を離れるべきではない」と一万円で買いとり、旧藩主の黒田家に贈った。 •その後、黒田家より福岡市に寄贈され、現在は福岡市博物館の所蔵品として展示されている。

Pinterest • The world’s catalogue of ideas
Search