Pinterest • The world’s catalogue of ideas

Explore Penguin Cafe and more!

ゲスト◇アーサー・ジェフス(Arthur Jeffes) 遺跡発掘、北極探検の経験を持つ好奇心旺盛なPenguin Cafeのリーダー。父にサイモン・ジェフス(Penguin Cafe Orchestraの創始者)、母に芸術家のエミリー・ヤング(ペンギン人間のイラスト)を持つ。考古学を学びサハラ砂漠に遺跡発掘旅行やPenguin Cafe結成前にはBBCのテレビ番組で北極探検の経験もあり、エレクトロ系のダミアン・カザルスのアルバムに参加した。Penguin Cafeと平行して、オリ・ランフォードとデュオユニット「サンドック」としても活動。

ゲスト◇アーサー・ジェフス(Arthur Jeffes) 遺跡発掘、北極探検の経験を持つ好奇心旺盛なPenguin Cafeのリーダー。父にサイモン・ジェフス(Penguin Cafe Orchestraの創始者)、母に芸術家のエミリー・ヤング(ペンギン人間のイラスト)を持つ。考古学を学びサハラ砂漠に遺跡発掘旅行やPenguin Cafe結成前にはBBCのテレビ番組で北極探検の経験もあり、エレクトロ系のダミアン・カザルスのアルバムに参加した。Penguin Cafeと平行して、オリ・ランフォードとデュオユニット「サンドック」としても活動。

ゲスト◇和田薫(Kaoru Wada)1962年山口県下関市生まれ。東京音楽大学作曲科卒業。作曲を伊福部昭に師事。これまでニューヨーク国際現代音楽作曲家コンクール入賞、日本交響楽振興財団作曲賞入賞、1984年吹奏楽コンクールに「吹奏楽のための土俗的舞曲」が課題曲に選定等受賞。国内外で活動し、2009年には西ドイツ放送協会(WDR)主催「日本の響き 和田薫の世界」をケルン放送管弦楽団指揮、熱狂的な成功を博す。 映画・テレビ・舞台等の活動も幅広く、アニメ「犬夜叉」「金田一少年の事件簿」「ゲゲゲの鬼太郎」や映画「ラストゲーム最後の早慶戦」等数多くの劇伴音楽を担当する。'95年には映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。吹奏楽作品としては「吹奏楽のための交響的印象“海響”」をはじめ数多くの作品が演奏され、なぎさブラスゾリステンやブラス・ヘキサゴン、アメリカン・ウインド・シンフォニーオーケストラ等からの委嘱作品も多い。和田薫 オフィシャル Webサイト http://www.kaoru-wada.com/

ゲスト◇和田薫(Kaoru Wada)1962年山口県下関市生まれ。東京音楽大学作曲科卒業。作曲を伊福部昭に師事。これまでニューヨーク国際現代音楽作曲家コンクール入賞、日本交響楽振興財団作曲賞入賞、1984年吹奏楽コンクールに「吹奏楽のための土俗的舞曲」が課題曲に選定等受賞。国内外で活動し、2009年には西ドイツ放送協会(WDR)主催「日本の響き 和田薫の世界」をケルン放送管弦楽団指揮、熱狂的な成功を博す。 映画・テレビ・舞台等の活動も幅広く、アニメ「犬夜叉」「金田一少年の事件簿」「ゲゲゲの鬼太郎」や映画「ラストゲーム最後の早慶戦」等数多くの劇伴音楽を担当する。'95年には映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。吹奏楽作品としては「吹奏楽のための交響的印象“海響”」をはじめ数多くの作品が演奏され、なぎさブラスゾリステンやブラス・ヘキサゴン、アメリカン・ウインド・シンフォニーオーケストラ等からの委嘱作品も多い。和田薫 オフィシャル Webサイト http://www.kaoru-wada.com/

ゲスト◇伊藤義文(Yoshihumi Itou)1970年生まれ。大学卒業後、1993年に博品館へ入社し、取締役計画部長に就任。94年に取締役専務。95年に代表取締役副社長を経て、2001年に社長に就任。現在、おもちゃ専門店博品館TOY PARKと銀座博品館劇場などを経営。 銀座博品館http://www.hakuhinkan.co.jp/

ゲスト◇伊藤義文(Yoshihumi Itou)1970年生まれ。大学卒業後、1993年に博品館へ入社し、取締役計画部長に就任。94年に取締役専務。95年に代表取締役副社長を経て、2001年に社長に就任。現在、おもちゃ専門店博品館TOY PARKと銀座博品館劇場などを経営。 銀座博品館http://www.hakuhinkan.co.jp/

ゲスト◇西山太郎(Tarou Nishiyama)NPO法人キッズドア イベントチーフプロデューサー。学生ボランティアの高校生チーム「キッズウインドウ」を担当。丸の内キッズジャンボリー2014 http://www.tif-kids.jp/2014/

ゲスト◇西山太郎(Tarou Nishiyama)NPO法人キッズドア イベントチーフプロデューサー。学生ボランティアの高校生チーム「キッズウインドウ」を担当。丸の内キッズジャンボリー2014 http://www.tif-kids.jp/2014/

ゲスト◇杉田勇(Isamu Sugita)履歴書に書ききれないくらいの職(いずれもガテン系)を転々とする中で金属加工の世界で面白味を見出し(株)関東精密に入社。その後、白羽の矢が当たり、2007年3月(株)関東精密を買い取ると言う形で代表取締役に就任。その一年後にリーマンショックを経験したが、なんとか持ち直した。 マシニングセンター、平面研削盤、成形研削盤、汎用フライス、ワイヤカット放電加工機、汎用旋盤などを使い、『加工者』兼『営業』兼『経営者』で現在に至る。  「株式会社関東精密」  http://www.kanto-seimitsu.jp

ゲスト◇杉田勇(Isamu Sugita)履歴書に書ききれないくらいの職(いずれもガテン系)を転々とする中で金属加工の世界で面白味を見出し(株)関東精密に入社。その後、白羽の矢が当たり、2007年3月(株)関東精密を買い取ると言う形で代表取締役に就任。その一年後にリーマンショックを経験したが、なんとか持ち直した。 マシニングセンター、平面研削盤、成形研削盤、汎用フライス、ワイヤカット放電加工機、汎用旋盤などを使い、『加工者』兼『営業』兼『経営者』で現在に至る。 「株式会社関東精密」 http://www.kanto-seimitsu.jp

ゲスト◇室根貴之(Takayuki Murone) (株)ULVACに出向して退社後、現㈱MURONEに入社。30歳で日本工業大学専門職大学院卒MOT学位取得。地域活動では神奈川中小企業家同友会青年部会会長として活動している。 「MURONE」  http://www.murone.co.jp

ゲスト◇室根貴之(Takayuki Murone) (株)ULVACに出向して退社後、現㈱MURONEに入社。30歳で日本工業大学専門職大学院卒MOT学位取得。地域活動では神奈川中小企業家同友会青年部会会長として活動している。 「MURONE」 http://www.murone.co.jp

ゲスト◇牧村健一郎(Kenichirou Makimura)昭和26年(1951) 神奈川県大船生まれ。 早稲田大学政経学部卒業後、朝日新聞へ。学芸部、アエラ編集部などで、主に文芸、書評、昭和史などを担当し、現在、be編集部シニアスタッフを務める。 会社の大先輩である夏目漱石を研究、『新聞記者夏目漱石』(平凡社新書)、『旅する漱石先生』(小学館)などの著作を出版。獅子文六については、漱石に続く新聞小説家であり、戦前戦後の激動の昭和史を体現した文人、さらに実に面白い小説を書く作家として、『獅子文六の二つの昭和』(朝日選書)を著し、再評価を促している。 以下、主な著書 「獅子文六二つの昭和」 (朝日新聞出版 2009年) 「新聞記者 夏目漱石 」 (平凡社新書 2005年) 「旅する漱石先生」 (小学館 2011年) 「日中を開いた男 ― 高碕達之助」 (朝日選書 2013年) 編集・共著 「ジャーナリスト漱石発言集」 (朝日文庫 2007年) 「新聞と戦争」 (朝日新聞出版 2008年) 他。

ゲスト◇牧村健一郎(Kenichirou Makimura)昭和26年(1951) 神奈川県大船生まれ。 早稲田大学政経学部卒業後、朝日新聞へ。学芸部、アエラ編集部などで、主に文芸、書評、昭和史などを担当し、現在、be編集部シニアスタッフを務める。 会社の大先輩である夏目漱石を研究、『新聞記者夏目漱石』(平凡社新書)、『旅する漱石先生』(小学館)などの著作を出版。獅子文六については、漱石に続く新聞小説家であり、戦前戦後の激動の昭和史を体現した文人、さらに実に面白い小説を書く作家として、『獅子文六の二つの昭和』(朝日選書)を著し、再評価を促している。 以下、主な著書 「獅子文六二つの昭和」 (朝日新聞出版 2009年) 「新聞記者 夏目漱石 」 (平凡社新書 2005年) 「旅する漱石先生」 (小学館 2011年) 「日中を開いた男 ― 高碕達之助」 (朝日選書 2013年) 編集・共著 「ジャーナリスト漱石発言集」 (朝日文庫 2007年) 「新聞と戦争」 (朝日新聞出版 2008年) 他。

ゲスト◇瀬川昌久(Masahisa Segawa)1924年東京生まれ。東京大学法学部を卒業後に富士銀行に入行。駐在員として1950年代のニューヨークに滞在し、本場のジャズを研究し評論活動を開始。特に戦前ジャズのレコードの発掘と紹介を勤め、『レコードコレクターズ』誌に多数寄稿。富士銀行定年退職後は、ジャズ、レビュー、ミュージカルの舞台企画、監修、評論、解説、音楽関連レクチャーやコンサートの企画などを精力的に行う。現在は『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長を務める。

ゲスト◇瀬川昌久(Masahisa Segawa)1924年東京生まれ。東京大学法学部を卒業後に富士銀行に入行。駐在員として1950年代のニューヨークに滞在し、本場のジャズを研究し評論活動を開始。特に戦前ジャズのレコードの発掘と紹介を勤め、『レコードコレクターズ』誌に多数寄稿。富士銀行定年退職後は、ジャズ、レビュー、ミュージカルの舞台企画、監修、評論、解説、音楽関連レクチャーやコンサートの企画などを精力的に行う。現在は『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長を務める。

ゲスト◇杉浦哲郎(Tetsurou Sugiura)名古屋市出身。4歳よりピアノを始める。法政大学社会学部在学中にバンドでデビュー。 TV「タモリの音楽は世界だ」ハウスバンドなどで、アレンジャーとしてのキャリアを積む。 現在、CMや演劇の音楽の作編曲を中心に、劇団ワハハ本舗などの舞台音楽からオーケストラのアレンジまで多彩にこなす ”よろず音楽クリエイター” として活動中。ラジオパーソナリティや雑誌への執筆、イベントプロデュースなども多数手がけている。 趣味は時刻表を駆使した鉄道の旅と、源泉かけ流し温泉。

ゲスト◇杉浦哲郎(Tetsurou Sugiura)名古屋市出身。4歳よりピアノを始める。法政大学社会学部在学中にバンドでデビュー。 TV「タモリの音楽は世界だ」ハウスバンドなどで、アレンジャーとしてのキャリアを積む。 現在、CMや演劇の音楽の作編曲を中心に、劇団ワハハ本舗などの舞台音楽からオーケストラのアレンジまで多彩にこなす ”よろず音楽クリエイター” として活動中。ラジオパーソナリティや雑誌への執筆、イベントプロデュースなども多数手がけている。 趣味は時刻表を駆使した鉄道の旅と、源泉かけ流し温泉。

ゲスト◇柳瀬桐人(Kirito Yanase)写真家。大分県出身。(社)日本広告写真家協会会員、日本写真芸術学会会員。各企業のポスターや、新聞・雑誌・広告等の広告写真を中心に活動。最近では資 源ゴミを現代アートとしてとらえた作品を、美術館などで発表。また、写真教室の講師等でアマチュアの指導を精力的に行なっている。

ゲスト◇柳瀬桐人(Kirito Yanase)写真家。大分県出身。(社)日本広告写真家協会会員、日本写真芸術学会会員。各企業のポスターや、新聞・雑誌・広告等の広告写真を中心に活動。最近では資 源ゴミを現代アートとしてとらえた作品を、美術館などで発表。また、写真教室の講師等でアマチュアの指導を精力的に行なっている。